ZAPP / A Touch of Jazz (Playin Kinda Ruff pt.2)

Gファンクに多大な影響を与えたオハイオの最強FUNK BANDザップが1982年にリリースした2NDアルバム『Zapp II』から一曲。
JAZZをほとんど聴かないのでどういうのがJAZZなのかよくわかりませんが、
この曲もJAZZだよ!!っていうのならばこの気持ち良さ最高に好きだ^^
6分の長い曲ですがほんと飽きずに最後まで聴けます。てかリピートします!
真昼間におえんでゴロゴロしながら聴きたい曲NO.1ですね^^
ZAPPはやっぱトークボックスなくてもカッコイイです^^
TBは個人的に+αで入ってくるのが好きだな。

Zapp – A Touch Of Jazz (Playin' Kinda Ruff Pt. 2) (Slayd5000)

この原曲を見事に調理したネタ使いはなかったと思います。(かっこよくないネタ使いはありますけど…)
サビ?コーラスのところがなんかで使われてたような気がしますが思い出せません。。。たぶんかっこよくありませんw

そういえばZAPPの新譜「VII: Roger & Friends」がやっっとアナログで届き聴きましたが…………
ぎゃん最高やったっす!!!!!今度詳しくレビューします^^

コメント